Sylpheed User's Manual <author>Yoichi Imai <yoichi@silver-forest.com> <abstract> Sylpheed User's Manual for Sylpheed-1.0.0 version 0.5.1 </abstract> <toc> <sect>このマニュアルについて <sect1>この文書について <p> これは、Sylpheedの操作方法について書かれた文書です。 Sylpheedのバージョンが上がった際にインタフェースが変更されることがありますので、ご注意ください。 </sect1> <sect1>対象とする設定 <p> 基本的にデフォルトの設定を対象とします。 キーボードによる操作が有用と思われる部分においては、 "標準"のキーバインドを使っていることとします。 それ以外のキーバインドについては、 メニューアイテムの右側に表示されているキー表示を利用してください。 </sect1> <sect1>ライセンス <p> Copyright (c) 2000-2002 Yoichi Imai <yoichi@silver-forest.com> Copyright (c) 2004 Hiroyuki Yamamoto <hiro-y@kcn.ne.jp> <p> Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.1 or any later version published by the Free Software Foundation; with no Invariant Sections, with no Front-Cover Texts, and with no Back-Cover Texts. A copy of the license is included in the section entitled <ref id="gfdl" name=""GNU Free Documentation License"">. <p> GNU Free Documentation Licenseの参考訳は、 <url url="http://www.opensource.jp/fdl/fdl.ja.html">より入手可能です。 </sect1> <sect1>このドキュメントの最新版の入手先 <p> 最新版は, <url url="http://y-imai.good-day.net/sylpheed/manual/"> から入手できます。 </sect1> <sect>Sylpheedとは <sect1>Sylpheed とは <p> SylpheedはGUIツールキットにGTK+を使用した、 X Window System上で動作する電子メールクライアント&ニュースリーダーです。 Sylpheedは以下のことを目標にして開発されています。 <itemize> <item>軽快な動作 <item>美しく、洗練されたインタフェース <item>容易な設定・操作 <item>豊富な機能 <item>CPU・メモリの消費を最小限に抑えて軽快に動作 <item>1フォルダ中に大量にメッセージが存在する場合(10000通以上)でも高速に処理 <item>シンプルで美しく、洗練されたインタフェースにより直観的な操作が可能 <item>他のメーラに近い操作が可能 <item>簡単な設定ですぐに使用可能 <item>メーラに必要とされる機能を完備 <item>日本語に完全対応し、国際化にも対応 <item>外部コマンドとの柔軟な連携が可能 <item>安定動作し、万一クラッシュした場合でも極力データを消失しない </itemize> </sect1> <sect1>インタフェース <p> 外観やインタフェースは <itemize> <item>Outlook Express <item>Becky! <item>Datula </itemize> といった、 Windowsでは定番のメーラを参考にしています。 また、操作系はMewやWanderlust等の Emacs系メーラを参考にしており、キーボードのみによる操作が可能となっています。 そのため、他のメーラに慣れている場合でもそれほど違和感なく移行できると思います。 </sect1> <sect1>主な機能 <p> プロトコルは以下のものに対応しています。 <itemize> <item>メール受信(POP3 (APOP対応)) <item>メール送信(SMTP (SMTP AUTH対応)) <item>メール受信(IMAP4rev1) <item>ニュース購読/投稿 (NNTP) </itemize> 主な機能としては、以下があげられます。 <itemize> <item>無制限の複数アカウント管理 <item>スレッド表示 <item>フィルタリング <item>MIMEによる添付ファイルの閲覧/送信(Base64, quoted-printable) <item>アドレス帳 <item>新着・未読管理 <item>送信待機 <item>テンプレート <item>SSL対応 (--enable-ssl時) </itemize> 他の便利な機能としては、以下があげられます。 <itemize> <item>ML等でスレッドが切れているとき便利な「件名で寄せる」機能 <item>mbox ファイルのインポート <item>クリッカブルURI <item>外部エディタ対応 <item>X-Face対応 (compface使用時) <item>IPv6 (--enable-ipv6時) <item>UTF-8(Unicode)を含む多数の文字コードに対応 <item>画像表示機能を内蔵(gdk-pixbufあるいはimlib使用時) <item>GnuPGによるメッセージ暗号化/署名(実験的)(gnupgおよびgpgme使用時) <item>ユーザ定義ヘッダ <item>自動改行 / ワードラップ <item>HTMLのテキスト表示 <item>引用の深さの違いによる表示色の変更 <item>草稿 <item>印刷 <item>オフラインモード </itemize> </sect1> <sect1>メッセージの管理方式 <p> メッセージはMH形式で管理しており、他のMH形式を使用したメーラ(Mew等)と併用することが可能です。 1ファイル1メールの形式のため、障害が発生した際にメールを失う危険性が少なくなっています。 受信に外部プログラム(inc, imget等)の使用も可能です。 </sect1> <sect1>実現予定の機能 <p> sylpheedに含まれるTODO.jpを参照してください。 </sect1> </sect> <sect>まず最初に何をするか <sect1>Sylpheedのインストール <p> Sylpheedがインストールされていなければ、 <ref id="install" name="Sylpheedをインストール">します。 </sect1> <sect1>Sylpheedの使い方 <p> まず<ref id="start-and-exit" name="Sylpheedを起動">し、 <ref id="Account-Config" name="アカウントの設定">をした後、 <ref id="receive-message" name="メッセージを受信">して <ref id="read-message" name="メッセージを読んだ">り、 <ref id="send-message" name="メッセージの送信">をすることになります。 </sect1> </sect> <sect>インストール<label id="install"> <p> <sect1>必要な環境 <p> このプログラムのコンパイル/実行には <itemize> <item>Linux あるいは他の UNIX like OS <item>GTK+ 1.2.6 以降 <item>GNU make </itemize> が必要です。 あれば便利なものは、 <itemize> <item>gettext <item>imlibまたはgdk-pixbuf <item>compface(faces) <item>gnupg, gpgme <item>openssl </itemize> です。このマニュアルではgettextは入っているものとし、 localeはja_JP.*と仮定し記述してあります。 </sect1> <sect1>動作確認されている環境 <p> さまざまなOSで動作が確認されています。 詳しくは <url url="http://sylpheed.good-day.net/#whats" name="Sylpheed公式サイト"> で確認することができます。 他の環境で動作したという方は<ref id="Sylpheed-ML" name="Sylpheed ML">で報告頂ければ幸いです。 しかし、環境によっては不安定な可能性があります。ライブラリはできるだけ新しいものをお使いください。 </sect1> <sect1>基本的なinstall方法<label id="gen-inst"> <p> ここに示すのはUNIXならほぼ使えると思われるインストール方法です。 しかし、OSの持っているファイル管理機構を壊す可能性があるので、 あなたが使っているOSについての記述がある場合は、 そちらを利用されることをお勧めします。 <sect2>GTK+のインストール <p> </sect2> <sect2>Sylpheedのコンパイルとインストール <p> まず、 <url url="http://sylpheed.good-day.net/">から sylpheedをダウンロードします。 ダウンロードしたら、 <tscreen><verb> bzip2 -dc sylpheed-(バージョン).tar.bz2 | tar xf - として解凍し、 $ cd sylpheed-(バージョン) $ ./configure $ make $ su Password: (パスワード入力) # make install </verb></tscreen> でインストール完了です。 </sect2> </sect1> <sect1>rpmを使用したLinux Distributionへのインストール <sect2>一般的なインストール手順(最新版を利用する場合) <p> <sect3>バイナリパッケージを用いる場合 <p> <sect4>gtk+のインストール/アップグレード<label id="gtk-inst-bin"> <p> まず、gtk+のrpmが入ってるかどうかを確認します。 <tscreen><verb> $ rpm -qa | grep gtk gtk+-1.2.6-1vl5 (以下略) </verb></tscreen> のようにgtk+のrpmが既に入っていて、なおかつ1.2.6以上であれば大丈夫です。 古い場合は、そのDistributionを配布しているサイト等からダウンロードし、 <tscreen><verb> $ su Password: (パスワードを入力) # rpm -Uvh gtk+-(バージョン).i386.rpm </verb></tscreen> というようにバージョンアップしてください。 同様に、imlibのrpmもインストールしてください。 </sect4> <sect4>rpmのインストール <p> <url url="http://y-imai.good-day.net/sylpheed/"> より、 sylpheed-(バージョン).i386.rpmをダウンロードします。そして、 <tscreen><verb> $ su Password: (パスワードを入力) # rpm -Uvh sylpheed-(バージョン).i386.rpm </verb></tscreen> で完了です。 なお、glibcのバージョンによる警告を受ける場合があります。 その場合は、下記のソースパッケージをご利用ください。 <!-- なお、このサイトののrpmを使用する場合、 `rpm -q glibc`と実行したときに、 glibc-2.1.2-17vl2のように、glibc-2.1.x以降である必要があります。 --> </sect4> </sect3> <sect3>ソースパッケージを用いる場合<label id="inst_from_srpm"> <p> この方法は、上記のglibcのバージョンが低かった場合でも利用可能です。 <sect4>gtk+のインストール/アップグレード<label id="gtk-inst-src"> <p> まず、gtk+のrpmが入ってるかどうかを確認します。 <tscreen><verb> $ rpm -qa | grep gtk gtk+-1.2.6-1vl5 gtk+-devel-1.2.6-1vl5 (以下略) </verb></tscreen> のようにgtk+及びgtk+-develのpackageが既に入っていて、なおかつ1.2.6以上であれば大丈夫です。 古い場合は、そのdistributionを配布しているサイト等からダウンロードし、 <tscreen><verb> # rpm -Uvh gtk+-(バージョン)-?.i386.rpm gtk+-devel-(バージョン)-?.i386.rpm </verb></tscreen> でバージョンアップしてください。 </sect4> <sect4>rpmのrebuild & install <p> そして、 <url url="http://y-imai.good-day.net/sylpheed/">より、 sylpheed-(バージョン).src.rpmをダウンロードします。 次に下のコマンドを実行します。 ただし、下記の方法ではコンパイルにもrootになるため少しだけ危険です。 ならなくても良い環境を整えている方は、rpm --rebuildのためにsuは必要ありません。 <tscreen><verb> $ su Password: (パスワードを入力) # rpm --rebuild sylpheed-(バージョン).src.rpm </verb></tscreen> とすればコンパイルが開始され、 <tscreen><verb> (以上略) 書き込み中: /usr/src/redhat/RPMS/i386/sylpheed-0.3.3-1.i386.rpm (以下略) </verb></tscreen> のようなメッセージ(書き込み中:がWrote: などになる場合もあります)が現れて、 終了したら、上記に示されたファイル(sylpheed-(バージョン).i386.rpm)を <tscreen><verb> # rpm -Uvh /usr/src/redhat/RPMS/i386/sylpheed-(バージョン).i386.rpm </verb></tscreen> でインストール完了です。 </sect4> </sect3> </sect2> </sect1> <sect1>Debian GNU/Linuxへのインストール <p> Debian GNU/Linuxのwoody以降をお使いならば、 <tscreen><verb> # apt-get install sylpheed </verb></tscreen> でインストールできます。 </sect1> <sect1>FreeBSDへのインストール </sect1> </sect> <sect>起動と終了<label id="start-and-exit"> <p> <sect1>Sylpheedの起動 <p> kterm, rxvtなどの端末エミュレータを起動し、 <tscreen><verb> $ sylpheed & </verb></tscreen> とタイプします。 <url url="http://y-imai.good-day.net/sylpheed/">のrpmをインストールした場合で GNOME(1.2以降)を使用している場合、 <!-- メインメニューを開いてから" インターネット > Sylpheed"と選ぶことで起動できます。 GNOMEの比較的新しいバージョンの場合、--> "足跡ボタン>プログラム>インターネット>Sylpheed" で起動できます。 <!-- の場合もあります。--> <sect2>初回起動時のメール箱の設定<label id="start-mailbox-config"> <p> Sylpheedを初めて起動すると、"メールボックスの設定"<ref id="dialog" name="ダイアログ">が現れますが、 基本的にはOKを押すだけで良いでしょう。 他のメーラでMH形式でない形式で使用している場合、違う名前にすると良いかもしれません。 </sect2> </sect1> <sect1>Sylpheedの終了 <p> 以下の3つのうちいずれかを行えば終了できます。 <itemize> <item>Windowを閉じる <item>ファイル(F)メニューを開き、終了を押す </itemize> なお、"設定>全般の設定"の"インタフェース"タブの中の、 "終了時に確認する"をチェックしていた場合、 終了するかどうか問い合わせてくるようになります。 その場合、EnterキーかOKボタンをクリックすることで終了できます。 </sect1> </sect> <sect>Sylpheedのさまざまな場所の名称 <p> Sylpheedを最初に起動した画面を基準にします。 <sect1>メニュー <p> ウィンドウの上についているファイル(F)や、編集(E)のことをいいます。 本文書ではメニューの"ファイル(F)"をクリックして"閉じる(C)"を選ぶことを、 "ファイル>閉じる"と表記したりします。 また、"標準"キーバインドで割り合てられているキーを"編集>コピー" (Ctrl+Cキー)のように 表記することがあります。 <sect1>コンテキストメニュー<label id="context-menu"> <p> 右クリックして出て来るメニューのことをいいます。 コンテキストメニューの場合も割り合てられたキーを横に書いておくことがあります。 </sect1> <sect1>ダイアログ<label id="dialog"> <p> Sylpheedを終了しようとしたときに出るような問い合わせのウィンドウのことをいいます。 設定をするウィンドウもダイアログです。 </sect1> <sect1>サマリビュー<label id="summaryview"> <p> 右上にある件名、差出人、日付などが書かかれているメッセージ一覧のことをいいます。 </sect1> <sect1>フォルダビュー<label id="folderview"> <p> 左側にあるフォルダのツリーが表示されている部分のことをいいます。 </sect1> <sect1>メッセージビュー<label id="messageview"> <p> メッセージが表示される部分のことをいいます。 添付ファイルもここに表示されますが、 その添付ファイルの載っているリストのことを添付リストと呼ぶことにします。 </sect1> <sect1>アカウント<label id="account"> <p> メールサーバにあるそのユーザの権利のことです。 わからなければ、メールを受信するための情報、と考えて良いと思います。 </sect1> </sect> <sect>メッセージの閲覧<label id="read-message"> <p> <sect1>選択<label id="select-operation"> <p> 左クリックすることで単一のメッセージを選択できます。 また、複数のメッセージを一定の範囲を指定して選択したい場合、 範囲の最初のメッセージを左クリックしてから、 Shiftキーを押しながら範囲の最後のメールを左クリックします。 選択したいメッセージが飛び飛びに存在する場合、 Ctrlキーを押しながら左クリックすることで それらを選択することが可能です。 Shiftキーを押しながら既に選択された領域の中を左クリックして範囲を削り取ったり、 Ctrlを押しながら左クリックすることでその部分を除外したりすることができます また、サマリビューで<ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">を呼び出してから、 "全て選択"を選ぶことですべてのメッセージを選択できます。 </sect1> <sect1>メールを見る<label id="read-message"> <p> <ref id="folderview" name="フォルダビュー">でフォルダを左クリックして選択し、 <ref id="summaryview" name="サマリビュー">で表示したいメッセージを左クリックして<ref id="select-operation" name="選択">してください。 上に手紙マークが表示されている列に赤の手紙のマークがある場合は新着メール、 青のマークがある場合は未読メールということを意味します。 <sect2>新しいウィンドウで開く <p> <itemize> <item>ダブルクリックする <item><ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">を呼び出して"新しいウィンドウで開く" <item>メッセージ選択後、"表示>新しいウィンドウで開く" </itemize> のいずれかを行えば、新しいウィンドウで開くことができます。 </sect2> </sect1> <sect1>表示するメッセージの移動 <sect2>普通の移動 <p> 一度選択したら、 <itemize> <item>"表示>移動>前のメッセージ" (pキー) <item>"表示>移動>次のメッセージ" (nキー) </itemize> によって移動することができます。 </sect2> <sect2>次の未読メッセージへ飛ぶ機能 <p> スペースキーを使えば、 メールのスクロール、次の未読メールへのジャンプ、未読メッセージのあるフォルダへの ジャンプを同時に行えます。 スペースキーを打ち続けることで、未読メールだけを選んで、 全部読むことができるので非常に便利です。 また、ShiftまたはAltキーを押しながらスペースキーを押すことで、 逆方向へのスクロール、前の未読メッセージへのジャンプを行えます。 <itemize> <item>"表示>移動>前の未読メッセージ" (Shift+pキー) <item>"表示>移動>次の未読メッセージ" (Shift+nキー) </itemize> また、ツールバーの"次へ"を押すことでも次の未読メールへ飛ぶことができます。 </sect2> <sect2>マークされたメッセージ間を移動する<label id="move-between-marked-message"> <p> <ref id="summaryview" name="サマリビュー">のマーク列にチェックマークのある"マークされたメッセージ"間を移動するには、 <itemize> <item>"表示>移動>前のマーク付きメッセージ" <item>"表示>移動>次のマーク付きメッセージ" </itemize> のどちらかを実行します。 </sect2> <sect2>カラーラベルのつけられたメッセージ間を移動する <p> カラーラベルのつけられたメッセージ間を移動するには、 <itemize> <item>"表示>移動>前のラベル付きメッセージ" <item>"表示>移動>次のラベル付きメッセージ" </itemize> のどちらかを実行します。 </sect2> </sect1> <sect1>読むフォルダを選択する <p> <ref id="folderview" name="フォルダビュー">の中から好きなフォルダを選択すればそのフォルダに移動できます。 <ref id="summaryview" name="サマリビュー">でメッセージを選択していた場合、キーボードの←ボタンを押すとフォルダビューに フォーカスが移り、キーボードでフォルダを選択できる状態になります。 その後↑↓キーで移動し、Enterキーでフォルダを選択できます。 フォルダの文字が赤い場合は、新着メッセージが存在し、 黒い太字の場合は未読メッセージが存在します。 <p> また、"表示>移動>別のフォルダ..." (gキー) によってフォルダ選択画面を 呼びだすことができるので↑↓で移動し、 Enterで選択できます。 </sect1> <sect1>添付ファイルを見る <p> 添付ファイルがある場合は、<ref id="summaryview" name="サマリビュー">の添付の列に クリップマークが表示されます。 テキストとわかるもの(MIMEタイプがtext/*だった場合や、 application/octet-streamかつ添付ファイルの拡張子でテキストファイルとわかるもの)の場合は、 <ref id="messageview" name="メッセージビュー">の"テキスト"タブに添付ファイルであっても表示されます。 そうでない場合などは、"添付"タブをクリックし、 MIMEタイプ、サイズなどが書いてあるリストの中から選択してください。 テキストやイメージ(画像表示機能オンの場合)は、クリックするだけで見ることができます。 保存したい場合には<ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">より"名前を付けて保存"を 選択するか、'y'キーを押せば保存できます。 テキストとして表示させたいときは<ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">より"テキストとして表示"を選ぶか、't'キーを押すことで表示することが出来ます。 また、添付ファイルが含まれている場合においても、 'n'、'p'キーで添付ファイル/メッセージの前後移動をすることができます。 現在のSylpheedでは、quoted-printable又はbase64エンコード方式を 使用したメッセージを閲覧することができます。 </sect1> <sect1>スレッドの伸縮 <p> そのスレッドのメッセージを選択した後、 -キーでスレッドを縮めたり、+キーで展開したりすることができます。 </sect1> <sect1>メッセージ操作(移動、削除等) <p> <sect2>メッセージの削除 <p> 削除したいメッセージを選択してから、 <ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">より"削除" (Ctrl+dキー/Deleteキー)を選択することで削除できます。 <sect2>メッセージの移動 <p>移動したいメッセージを選択してから、 <ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">より"移動" (Ctrl+oキー)を選ぶことで 移動先フォルダを選択するダイアログが現れるので、 フォルダを選択すれば移動できます。 また、メッセージをフォルダにドラッグアンドドロップすることでも移動可能です。 <sect2>目印にマークする <p> マークしたいメッセージを選択してから、 <itemize> <item>"メッセージ>マーク>マーク" (Shift+"*"キー) <item><ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">より"マーク>マーク" <item>サマリビューのマーク列をクリック </itemize> のいずれかを行えば、マークすることができます。 目印に利用したり、<ref id="move-between-marked-message" name="マークされたメッセージ間を移動する">こともできます。 <sect2>マークを解除する <p> 解除したいメッセージを選択してから、 <itemize> <item>"u"キーを押す <item><ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">より"マーク>マークを解除" </itemize> のどちらかを行えばマークを解除することができます。 </sect2> <sect2>実行 <p> Sylpheedには削除、移動などリスクを伴なう操作を"目印のためのマーク"とは 別に移動/削除マークなどとして保持しておき、あとでまとめて実行することもできます。 これはEmacs系のメーラなどで一般的に用いられている操作方法です。 この機能を使いたい場合は、"設定>全般の設定>インタフェース"の "メッセージを移動または削除したら即座に実行する"のマークを外してください。 そう設定された状態ならば、 実際に実行されるのは、 上記のように削除、移動の行動をとってマークをつけてから、 <itemize> <item><ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">より"実行" <item>"ツール>実行" (xキー) </itemize> のどちらかの操作をした時になります。 <sect2>カラーラベル(ラベル)をつける <p> <ref id="summaryview" name="サマリビュー">に色をつけることができます。 カラーラベルをつけるには、 <ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">より"カラーラベル>(任意の色)" を実行します。 </sect2> </sect1> <sect1>メッセージ内のURL <p> メッセージ内のURLは(マウスカーソルは変化しませんが)URL部分をダブルクリック あるいは中ボタンクリックすることで、 <ref id="ext-browser-config" name="全般の設定で指定された外部ブラウザ">が起動しそのサイトを閲覧することができます。 URL部分をシングルクリックした場合は、ステータスバーにリンク先のURLが表示されます。 </sect> <sect>アカウントの設定<label id="Account-Config"> <p> <sect1>新規アカウントの作成<label id="append-account"> <p> まず、メールを受信/送信するためにはアカウントの設定をしなければなりません。 新規アカウントの作成を行うには、 "設定>新規アカウントの作成"を実行します。 そして各項目に書き込んでいきます。 (必須)は、新たに必ず書き込まなければならないものです。 (推奨)は、新たにつけ直すことを推奨するものです。 (必須)(推奨)以外の()はデフォルトの値を意味します。 なお、アカウント設定は無限に作成することができ、 アカウント設定をしなくても、既に<ref id="start-mailbox-config" name="メール箱">にあるメールは見ることができます。 ですが、Sylpheed本体の受信機能を使わない場合でも、 プロトコルで"なし(ローカル)"を選択したアカウント設定を作成してください。 <sect1>各項目の説明 <p> <sect2>(基本)タブ <p> 最低限、この情報を設定する必要があります。 <sect3>このアカウントの名称 (推奨) <p>このアカウントの名称を指定します。単なる呼び名ですので、なんでも構いません。 </sect3> <sect3>通常使用<label id="usually-use"> <p>ここをチェックしたアカウントが起動時に選択されている状態になります。 </sect3> <sect3>個人情報 - 名前 <p>メールの送信時に使用される名前です。 </sect3> <sect3>個人情報 - メールアドレス (必須) <p>メールの送信時に使われるメールアドレスです。 </sect3> <sect3>個人情報 - 組織 <p>メールの送信時に書き込まれます。 </sect3> <sect3>サーバ情報 - プロトコル (POP3) <p> プロトコルは、 <itemize> <item>POP3 <item>IMAP4 <item>ニュース(NNTP) <item>なし(ローカル) </itemize> の中から選択することが出来ます。 自分のサーバにあったものを選びましょう。 ニュースについてはここでは説明しません。 </sect3> <sect3>サーバ情報 - 受信サーバ (必須) <p> 受信するサーバを指定します。 メールは、プロトコルで指定したプロトコルでここで指定したサーバから受信されます。 </sect3> <sect3>サーバ情報 - SMTPサーバ(送信) (必須) <p> 送信に使用するサーバを指定します。プロトコルにはSMTPが使用されます。 </sect3> <sect3>サーバ情報 - ユーザID (必須) <p>ここで指定されたユーザIDを使ってメールサーバにログインします。 </sect3> <sect3>サーバ情報 - パスワード(必須) <p>ここで指定されたパスワードを使用してメールサーバにログインします。 入力されたパスワードは画面上には***としか表示されません。 入力しなかった場合は接続時にパスワードを入力するダイアログが開きます。 </sect3> </sect2> <sect2>(受信)タブ <p> <sect3>POP3 - 安全な認証方式を使用する (APOP) <p> POP3では通常生のパスワードがそのままネットワークに流れてしまいますが、 APOP認証を使用すると、生のパスワードが流れなくなるため比較的安全になります。 ただし、サーバがAPOP認証に対応している必要があります。 </sect3> <sect3>POP3 - 受信時にサーバ上のメッセージを削除する </sect3> <sect3>POP3 - サーバ上の全てのメッセージを受信する <p> Sylpheedにはダウンロードされたメッセージを記憶して 次からダウンロードしないようにする機能がありますが、 それを無視してすべてダウンロードします。 つまり、これを選択しなければその機能を有効にすることができます。 このオプションは、受信時にサーバ上のメッセージを削除する場合は実質無効です。 </sect3> <sect3>POP3 - 受信サイズ制限 <p> 1メッセージがこのサイズより大きなメッセージは受信しません。 </sect3> <sect3>POP3 - 受信時にメッセージを振り分ける <p> このチェックがオンのとき、受信時に 受信したメッセージに対して振り分けルールが実行されます。 </sect3> <sect3>POP3 - 標準の受信箱 (inbox) <p> そのアカウントでメールを受信したときにどこに保存するかを指定できます。 </sect3> <sect3>IMAP4 - IMAPサーバディレクトリ </sect3> <sect3>「全受信」でこのアカウントの新着メールをチェックする <p> チェックを外した場合、全てのアカウントから受信する機能を利用したときに 対象からこのアカウントを外します。 送信だけのアカウントなどに利用すると便利かもしれません。 </sect3> <sect2>(送信)タブ <p> <sect3>ヘッダ - Dateヘッダフィールドを付ける <p>DateヘッダフィールドをSylpheedで付けます。 </sect3> <sect3>メッセージIDを生成する <p>メッセージIDをSylpheedで付けます。 一般的な端末型ダイヤルアップIP接続のプロバイダが運営しているようなサーバでは、 サーバ側がつけるので必要がないことが多いです。 </sect3> <sect3>ユーザ定義ヘッダを追加する <p> これを選択するとユーザ定義ヘッダを追加できます。 編集ボタンを押して編集してください。 リストの順番で挿入されます。 今のところX-Faceもここで挿入します。 </sect3> <sect3>SMTP認証(SMTP AUTH) <p> 利用するSMTPサーバがSMTP AUTHを必要とする場合、チェックを入れて 空欄を埋めてください。 </sect3> <!-- <sect3>送信前にPOP3認証を行う <p> いわゆるPOP before SMTPです。 現在はまだ実装されていません。 </sect3> --> </sect2> <sect2>(作成)タブ <p> <sect3>署名ファイル <p>ここで指定されたファイルはメッセージ作成時に自動的に最後に挿入されます。 デフォルトは<ホームディレクトリ>/.signatureです。 空欄の場合も同様に適用されるので、挿入したくない場合は、 /dev/nullを指定すると良いと思います。 </sect3> <sect3>以下のアドレスを自動指定 <p>Cc, Bcc, Reply-Toフィールドを自動指定できます。 自動指定するには、各フィールド名の横のチェックボックスをオンにし、 テキストボックスに記入すればメッセージ作成ごとにつけてくれます。 </sect3> </sect2> <sect2>(個人情報)タブ <p> GPGMEを有効にしてコンパイルした時のみ表示されます。 <sect3>署名鍵 <p> 使用するGnuPG鍵をどのようにして選ぶかを選択します。 </sect3> </sect2> <sect2>(SSL)タブ <p> OpenSSLをリンクしてコンパイルされたときのみ表示されます。 <sect3>POP3の接続にSSLを使用 </sect3> <sect3>IMAP4の接続にSSLを使用 </sect3> <sect3>送信(SMTP) </sect3> </sect2> <sect2>(高度な設定)タブ <p> <sect3>SMTPポートを指定 (25) <p>SMTPプロトコルで通信するポートを指定できます。ほとんどの場合は変更の必要はありません。 </sect3> <sect3>POP3ポートを指定 (110) <p>POP3プロトコルで通信するポートを指定できます。ほとんどの場合は変更の必要はありません。 </sect3> <sect3>ドメイン名を指定 <p> ドメイン名を指定できます。ほとんどの場合は変更の必要はありません。 </sect3> </sect2> </sect1> <sect1>現在のアカウントの変更<label id="current-account"> <p> "設定>現在のアカウントを変更"から現在のアカウントを選ぶことができます。 選択可能なのは、<ref id="append-account" name="アカウントの新規作成">で登録したアカウントです。 また画面右下に表示される"現在のアカウント:"をクリックするか、 ツールバーの"アカウント"ボタンを右クリックすることによっても変更することができます。 現在のアカウントは、"新着メールの受信"や、"メッセージの作成"に利用されます。 起動時は<ref id="usually-use" name="通常使用">にチェックされたアカウントが選択されています。 <sect1>アカウント毎の設定<label id="config-every-account"> <p> "設定>アカウント毎の設定"で 現在のアカウントの<ref id="append-account" name="アカウントの新規作成">で設定した情報を編集することができます。 </sect1> <sect1>アカウントの編集<label id="edit-account"> <p> メニューの"設定>アカウントの編集"で"アカウントの編集"<ref id="dialog" name="ダイアログ">を呼び出し、 Sylpheedに登録されたアカウントを管理できます。 "D"列にチェックが入ってるアカウントは、デフォルトのアカウントです。 "G"列にチェックの入ってるアカウントは、全受信時に受信されます。 その列をクリックすることでもその設定を変えることができます。 それぞれのボタンは以下のような動作をします。 <sect2>追加 <p> <ref id="append-account" name="アカウントの追加">と同じ動作をします。 <sect2>編集 <p> 右のリストで選択されたアカウントに対して、 <ref id="config-every-account" name="アカウント毎の設定">と同じ動作をします。 リストをダブルクリックすることでも同じ効果が得られます。 </sect2> <sect2>削除 <p> 右のリストで選択されたアカウントを削除することができます。 </sect2> <sect2>↑、↓ <p> これらのボタンを使うとアカウントの順番を変えることができます。 アカウントの順番は全アカウントから受信するときの順番になります。 </sect2> <sect2>通常使用するアカウントに指定 <p> リストで選択されているアカウントに <ref id="usually-use" name="通常使用">するアカウントを変更できます。 </sect2> </sect1> </sect> <sect>メッセージの受信<label id="receive-message"> <p> <sect1>SylpheedのPOP受信機能を使う場合 <p> <sect2>現在のアカウントを受信 <p> <ref id="Account-Config" name="アカウント設定">をしてから、 <itemize> <item>メニューの"メッセージ>受信>現在のアカウントから受信"を選択 <item>ツールバーの"受信"ボタンを押す </itemize> のいずれかを行えば<ref id="current-account" name="現在のアカウント">のメールをダウンロードできます。 </sect2> <sect2>全てのアカウントを受信 <p> <itemize> <item>メニューの"メッセージ>受信>全アカウントから受信"を選択 <item>ツールバーの"全受信"をクリック </itemize> のいずれかを行うことで<ref id="Account-Config" name="アカウントの設定">で設定されたすべてのアカウントのメールを受信できます。 </sect2> </sect1> <sect1>fetchmailなどの外部プログラムを使用する場合 <p> </sect1> <sect>メッセージの作成<label id="send-message"> <sect1>メッセージの新規作成<label id="message-create"> <p> メッセージを作成するには、 <itemize> <item>ツールバーの"作成"ボタンを押す <item>"メッセージ>新規メッセージを作成" (Ctrl+mキー) </itemize> のいずれかを行えばメッセージ作成ウィンドウが開きます。 メッセージメニューよりBcc, 返信先を指定等を選択することで、 表示されていないフィールドでも入力できるフィールドがあります。 差出人: の部分をクリックして変更すれば送信するアカウントの情報を変更することができます。 <sect1>署名の挿入 <p> <itemize> <item>"ファイル>署名を挿入" <item>ツールバーの"署名"ボタン </itemize> のいずれかで、 設定で指定されたファイル(デフォルトではホームディレクトリの.signature)に書かれた内容を 本文の最後に挿入することができます。 </sect1> <sect1>メッセージの送信 <p> <itemize> <item>"ファイル>送信" <item>ツールバーの"送信" </itemize> のいずれかを行えば、すぐにサーバへ送信されます。 <itemize> <item>"ファイル>後で送信" <item>ツールバーの"後で送信" </itemize> のいずれかを行えば、一度送信待ちに入って待機状態になります。 待機しているメッセージを実際に送信するには、 <itemize> <item>メインウィンドウのツールバーの"送信"ボタン <item>メインウィンドウの"メッセージ>送信待機中のメッセージを送信" </itemize> で送信できます。 </sect1> <sect1>草稿 <p> <itemize> <item>"ファイル>草稿フォルダに保存" <item>ツールバーの"草稿" </itemize> で草稿に保存できます。 また、"ファイル>保存して編集を続ける"で草稿に保存した後そのまま編集を続けることができます。 草稿に保存したメッセージは、 草稿フォルダに入ってそのメッセージを選択し、 <ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">より"再編集"を選択するか、 ダブルクリックすれば再び編集できます。 </sect1> <sect1>添付ファイル <p> 添付ファイルを添付するには、 <itemize> <item>ツールバーの"添付"ボタンを押す <item>メニューで"ファイル>ファイルを添付" </itemize> のいずれかを行った後に添付ファイルのリストが現れるので、 各ファイルを選択して<ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">より <itemize> <item>追加を選択すれば添付ファイルの追加 <item>削除を選択すればそのファイルをリストから削除 <item>プロパティでその添付ファイルのMIMEタイプ/エンコード方式/パス/ファイル名を指定 </itemize> することができます。 </sect1> <sect1>ファイルの挿入 <p> "挿入"ボタンやメニューのファイル>ファイルを挿入"ではメッセージ本文に 指定したファイルを挿入できます。 </sect1> <sect1>アドレス帳の利用 <p> "アドレス"ボタンを押すか、メニューで"ツール>アドレス帳"を選択すれば、 <ref id="address-combo" name="アドレス帳と連係">できます。 </sect1> <sect1>外部エディタの利用 <p> 外部エディタを利用するには、 <ref id="ext-editor-config" name="外部エディタを設定">してから、 <itemize> <item>ツールバーの"エディタ"ボタンを押す <item>メニューで"ツール>外部エディタで編集"を選択 </itemize> のいずれかを行い、外部エディタで編集して保存して終了をすれば、反映されます。 </sect1> <sect1>折り返し <p> <itemize> <item>メニューから、"編集>すべての長い行を折り返す"を選択する <item>ツールバーの"整形"を選択 </itemize> のいずれかを行えば、設定にしたがった行数で折り返します。 "編集>現在の段落を整形する"で現在のカーソル位置にある段落のみを整形できます。 "編集>自動整形"のチェックを入れておくと、入力中に自動的に整形されます。 設定で送信時に自動で実行することもできるので、設定しておくことをおすすめします。 </sect1> <sect1>メッセージに返信する <p> まず、<ref id="read-message" name="メッセージの閲覧">に書かれている方法を使ってメッセージを選択します。 その後、 <itemize> <item><ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">より"返信"を選択 <item>メニューの"メッセージ>返信"を選択 </itemize> のいずれかを行うことでウィンドウが開くので、 メッセージの新規作成と同じようにして送信できます。 引用するかどうかは全般の設定の<ref id="quote-when-reply" name="返信時にメッセージを引用する">という設定で変えることができます。 アドレスの入力の手間を省くという理由で、関係ない記事に返信して送信しないでください。 </sect1> <sect1>メッセージを全員に返信する <p> 単なる返信では宛先(To:)にしか返信されませんが、 こちらではCc: にも返信されます。 メッセージを全員に返信するには、 <itemize> <item><ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">より"返信の宛先>全員に返信"を選択 <item>メニューの"メッセージ>返信の宛先>全員に返信"を選択 </itemize> のいずれかを行います。 </sect1> <sect1>メッセージを差出人に返信する <p> 一見すると単なる返信のように見えますが、 メーリングリスト等で付加されるReply-To:を無視して、 差出人に直接送信できます。 これを行うには、 <itemize> <item><ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">より"返信の宛先>差出人に返信"を選択 <item>メニューの"メッセージ>返信の宛先>差出人に返信"を選択 </itemize> のいずれかを行います。 </sect1> <sect1>メッセージをメーリングリストに返信する <p> メーリングリストのヘッダを参照して、適切なアドレスに返信します。 <itemize> <item><ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">より"返信の宛先>メーリングリストに返信"を選択 <item>メニューの"メッセージ>返信の宛先>メーリングリストに返信"を選択 </itemize> のいずれかを行います。 </sect1> <sect1>メッセージを転送する <p> <ref id="read-message" name="メッセージの閲覧">に書かれている方法を使ってメッセージを選択します。 その後、 <itemize> <item><ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">より"転送"を選択 <item>メニューの"メッセージ>転送"を選択 </itemize> のいずれかを行います。 </sect1> <sect1>メッセージを添付ファイルとして転送する <p> <itemize> <item><ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">より"添付として転送"を選択 <item>メニューの"メッセージ>添付として転送"を選択 </itemize> のいずれかを行います。 </sect1> <sect1>メッセージを手を加えずに転送する <p> 本文の内容や差出人などに手を加えずにそのまま転送します。 <itemize> <item><ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">より"手を加えずに転送"を選択 <item>メニューの"メッセージ>手を加えずに転送"を選択 </itemize> のいずれかを行います。 </sect1> </sect> <sect>アドレス帳 <p> アドレス帳は、"ツール>アドレス帳"などによって起動できます。 <sect1>アドレスの登録・削除 <p> アドレス帳を開いた後、アドレスを登録したいフォルダを"共有アドレス"や "個人用アドレス"などが書かれたリストの中から選択します。 その後、 <itemize> <item>メニューより"アドレス>新規アドレス" <item>追加ボタンを押す <item>アドレス表示部分の<ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">より"新規アドレス" </itemize> のいずれかを行うことで追加<ref id="dialog" name="ダイアログ">が現れるので、それぞれの項目を入力した後OKを押せば 登録されます。 また登録されたアドレスを選択後、 <itemize> <item>メニューより"アドレス>編集" <item><ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">より"編集" <item>編集ボタンを押す </itemize> のいずれかを行えば編集ダイアログを表示でき、OKを押せば更新されます。 同じく登録されたアドレスを選択後、 <itemize> <item>メニューより"アドレス>削除" <item><ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">より"削除" <item>削除ボタンを押す </itemize> のいずれかを行えばアドレス帳からそのアドレスを削除することができます。 </sect1> <sect1>フォルダとグループ <p> <!-- フォルダとグループは中にアドレスを入れられるという点で同じですが、 メール作成時にアドレス帳からグループを参照することにより、そのグループに登録された すべての人に送信することができるという機能の違いがあります。--> <!-- フォルダあるいはグループを中に作りたいフォルダを選択後、 <itemize> <item>メニューより"ファイル>新規フォルダ" <item>コンテキストメニューを出して新規フォルダを選択 </itemize> のいずれかを行えばフォルダを作成することができ、 <itemize> <item>メニューより"ファイル>新規グループ" <item>Alt + gを押す <item>コンテキストメニューを出して新規グループを選択 </itemize> のいずれかを行えばグループを作成することができます。 --> <!-- ただし、フォルダの中にフォルダやグループを作成することは可能ですが、 グループの中にフォルダやグループを作成することはできません。--> </sect1> <sect1>メッセージ作成ウィンドウとの連携<label id="address-combo"> <p> <ref id="message-create" name="メッセージの作成">画面で、 <itemize> <item>メニューで"ツール>アドレス帳" <item>"アドレス"ボタンをクリック </itemize> することでアドレス帳画面を出すことができ、 そこでアドレスやグループを選択して"宛先"(あるいは"To:"), "Cc:", "Bcc:"ボタンを押せば それぞれ宛先, Cc, Bccにアドレスが追加されます。 複数選択してボタンを押して同時にたくさん追加することも可能ですし、 一度3つのどれかのボタンを押した後、 また別のアドレスを選択してボタンを押せば 前に追加したアドレスの次に選択したアドレスが追加されます。 </sect1> </sect> <sect>メッセージの振り分け <sect1>振り分けの設定<label id="filtering-config"> <p> メニューより、"設定>振り分けの設定..."を選択します。 <sect2>フィルタルールの登録 <p> "追加"ボタンを押すとフィルタルール設定ダイアログが開きます。 "名前:"欄にルールに対する分かりやすい名前を入力します。 その下にあるドロップダウンメニューで、複数の条件がある場合にどのようにマッチさせるかを選択します。 上部枠内の"From"と表示されているドロップダウンメニューで、振り分けの対象にしたいヘッダやその他の条件を選択します。選択肢にないヘッダは"ヘッダを編集..."で追加することができます。 その後、右のドロップダウンメニューで条件をキーワードに一致させる方法を選択します。 振り分けの対象にヘッダや本文を選択した場合、キーワードを入力します。キーワードを空にした場合は、ヘッダが存在すれば常にマッチするようになります。 サイズや日付を選択した場合は、数値を入力します。 条件を追加したい場合は、"+"ボタンを選択すると新しい行が追加されるので、同様に上記の作業を繰り返します。また、"-"ボタンを選択するとその条件を削除することができます。 次に、アクションを選択します。条件と同様に任意に追加できますが、一度しか実行できないものや同時に選択できないものが存在します。 <itemize> <item>移動: 指定したフォルダにメッセージを移動します。 <item>コピー: 指定したフォルダにメッセージをコピーします。何度でも実行可能です。 <item>受信しない: メッセージをサーバに残します。 <item>サーバから削除: 受信時にサーバにメッセージを残す設定にしていた場合でも、強制的にサーバから削除します。 <item>マーク: マークを付けます。 <item>カラーラベルを指定: カラーラベルを付けます。 <item>読んだことにする: 未読マークを外します。 <item>コマンドを実行: 任意のコマンドを実行します。末尾にメッセージのファイル名が自動的に付加されます。 <item>ルールの評価を停止: 当該ルール以降のルールを評価しないようにします。 </itemize> 設定が完了したら、"OK"ボタン押すと登録が完了します。"キャンセル"を押すと設定は破棄されます。 </sect2> <sect2>振り分けルールの例 <p> Subjectに"!ゴミ!"か"!ゴミ!"が含まれる場合にごみ箱(trash)に振り分けしたい場合を例にします。 まず、"次の条件のいずれかが該当する場合"を選択します。 そして、1つ目の条件でSubjectを選択し、"が次を含む"を選択し、キーワードに"!ゴミ!"を入力します。 "+"ボタンを押し、条件を追加します。 ヘッダは同じくSubjectを選び、キーワードに"!ゴミ!"を入力します。 そして、アクションで"移動"を選択し、フォルダの選択ボタンを押してごみ箱を選択します。 その後、"OK"ボタンを押すとルールの追加は完了します。 </sect2> <sect2>振り分けルールの編集 <p> 登録済みルールのリストから編集したいルールを選択して、"編集"ボタンを押します。 </sect2> <sect2>振り分けルールのコピー <p> 登録済みルールのリストからコピーしたいルールを選択して、"コピー"ボタンを押します。 </sect2> <sect2>振り分けルールの削除 <p> 登録済みルールのリストから削除したいルールを選択し、"削除"ボタンを押します。 </sect2> </sect1> <sect1>振り分けを実行するには <p> <sect2>自動的に振り分けを実行するには <p> 自動的に振り分けを実行したいアカウントの <ref id="Account-Config" name="アカウントの設定">で、 受信タブの中にある「受信時にメッセージを振り分ける」をオンにします。 </sect2> <sect2>開いているフォルダに振り分けを実行するには <p> メニューの"ツール>フォルダ中のすべてのメッセージを振り分け"または"ツール>選択中のメッセージを振り分け"を選択することで、設定されたルールを元に振り分けが実行されます。 </sect2> <sect2>振り分けルールの自動生成 <p> メッセージを<ref id="select-operation" name="選択">してから、 "ツール>振り分けルールを作成"を実行することで、 ルールの雛型を自動的に作成します。 あとは、必要な情報を追加し、登録ボタンを押すだけです。 </sect2> </sect1> </sect> <sect>他メール(メール保存形式)からSylpheed(MHフォルダ形式)への移行 <sect1>mbox形式のメッセージファイルの取り込み<label id="mbox-import"> <p> ファイルメニューからmboxファイルをインポートを選択し、 インポートファイルにはインポートしたいmbox形式のメールボックスを選択します。 インポート先には選択したメールボックスを展開するフォルダを指定し OKを押せばインポートされます。 mbox形式は、"mbox"というファイルの他にもNetscape Messengerの~/nsmailの下のファ イル、KMailの~/Mail以下のファイル等にも利用されているので、そのファイルを利用 することで移行できます。 ただし、KMailは添付ファイルを別ファイルにしてしまう仕様があるらしく、 添付ファイルがある場合、正しくコンバートすることができません。 </sect1> <sect1>Windowsのメーラ(Becky!やAL-Mail, Outlook Express4等)からの移行 <p> Windows用フリーソフトウェアである <url url="http://www.digico-m.com/shin1/" name="MailExp">を利用して "標準UNIX From形式のメールボックス"にエクスポートします。 その後そのファイルを移動しそのファイルを <ref id="mbox-import" name="mbox形式としてインポート">します。 MailExpはとても多くのメーラからのインポートが可能です。 <sect1>Outlook Express 5のdbx形式からの移行 <p> Outlook Express 5の形式はMailExpではサポートしていないので <url url="http://www02.so-net.ne.jp/~home/oe5conv/" name="OE5Conv">を利用して mbox形式へエクスポートした後、そのファイルを<ref id="mbox-import" name="mbox形式としてインポート">します。 </sect1> <!-- <sect1>NMail4(NTool)からの移行 <p> GTK+/GNOMEのメーラであるNmailからの移行は、 <url url="http://www.enjoy.ne.jp/~gm/program/nmail4tosylpheed/index-ja.html" name="Nmail4 to Sylpheed">が公開されていますのでそちらを参照ください。 </sect1> --> </sect> <sect>NetNewsの購読 <p> <sect1>サーバの追加・削除 <p> <sect2>サーバの追加<label id="append-news-serv"> <p> まず、<ref id="append-account" name="アカウント">の追加を行なってください。 そこで、サーバ情報のプロトコルで"ニュース (NNTP)"を選択し、 ニュースサーバ名を記入してください。 認証が必要な場合には、"このサーバは認証が必要"のチェックボックスもオンにして、 ユーザIDとパスワードも入力してください。 そしてOKを押せばフォルダビューにニュースサーバ名が登場します。 </sect2> <sect2>サーバの削除 <p> <ref id="edit-account" name="アカウントの編集">で該当するアカウントを選択し、"削除"ボタンを押してください。 キャッシュ情報は復元できないので注意してください。 </sect2> <sect2>ニュースサーバに関するTips <p> 現在のSylpheedはニュースサーバに1つ1つメッセージを取り寄せて行きます。 そのため、ダイヤルアップ環境では遅いかも知れません。 そこでleafnode+ のようなオフラインニュースサーバを使うことをお薦めします。 </sect2> </sect1> <sect1>ニュースグループの購読・購読解除 <sect2>ニュースグループの購読 <p> <ref id="append-news-serv" name="サーバの追加">で追加したニュースサーバを <ref id="folderview" name="フォルダビュー">で<ref id="context-menu" name="コンテキストメニュー">を出し、 "ニュースグループを購読"を選択してください。 <!-- そしてそこに"fj.os.linux"のように入力してOKを押せば、ニュースグループ名のフォルダが登録され読めるようになります。--> そして検索し、講読したいグループを選択した後OKを押せば講読できます。 複数選択も可能です。 </sect2> <sect2>ニュースグループの購読解除 <p> 購読で追加したニュースグループを右クリックしてコンテキストメニューを出し、 "ニュースグループを削除"を選択し、"はい"を選択すれば解除できます。 この場合もキャッシュや未読情報はクリアされてしまうので注意してください。 </sect2> </sect1> <sect1>ニュースを読む <p> ニュースは、<ref id="read-message" name="メールの閲覧">と全く同じ方法で読むことができます。 </sect1> <sect1>ニュースの投稿 <p> ニュースフォルダを開いている状態か、ニュースのアカウントを選択している状態で メッセージの作成をすれば記事を書くことができ、メールと同じような操作で投稿することができます。 </sect1> </sect> <sect>カスタマイズ(全般の設定) <sect1>全般の設定<label id="general-config-open"> <p> 全般の設定ウィンドウを開くには <itemize> <item>メニューから"設定>全般の設定" <item>ツールバーから設定をクリック </itemize> することで開くことができます。 </sect1> <sect1>各項目の説明 <sect2>(受信)タブ <sect3>外部プログラム <p> メールの受信に外部プログラムを使用するを選択すれば、 Sylpheed本体の受信部を使用せずにそのプログラムを利用して受信を行います。 </sect3> <sect3>ローカルスプール <p> スプールから取り込むを選択すれば、 "[スプールディレクトリ]/[ユーザ名]"のファイルからメッセージが取り込まれます。 取り込み時に振り分けるを選択すれば、取り込み時に振り分けられます。 </sect3> <sect3>新着メールを自動チェックする <p> チェックすれば指定した時間ごとに新着メールをチェックします。 </sect3> <sect3>起動時に新着メールをチェックする <p> Sylpheed起動時に新着メールを自動チェックします。 </sect3> <sect3>受信後に全てのローカルフォルダを更新する <p> メールの受信にprocmailなどの外部プログラムを使って直接MHフォルダにメッセージを取り込んだ場合フォルダの情報は自動的に更新されないので、これを有効にすることで最新の状態に更新できます。 </sect3> <sect3>ダウンロードする記事数の上限 <p> ニュースフォルダに未取得の記事を取得するときの記事数の上限を指定できます。 0を指定すると無制限になります。取得済みの記事数は影響しません。 </sect3> </sect2> <sect2>(送信タブ) <p> <sect3>外部プログラム <p> "メールの送信に外部プログラムを使用する"を選択すれば、Sylpheed本体の送信部を使用せずにそのプログラムを利用して送信を行います。 </sect3> <sect3>送信したメッセージを送信控に保存する <p> </sect3> <sect3>送信コードセット <p> メッセージを送信するときの文字コードを選択することができます。 iconvを有効にしてコンパイルされたときは多くのコードセットを選択することができます。 通常は"自動設定"を推奨します。 ちなみに、日本語ロケールが設定されている場合、ISO-2022-JPが選択されます。 UTF-8等も使用することもできますが、相手が読めると確認できる場合のみ 使用してください。 </sect3> <sect2>(作成)タブ <p> <sect3>署名 <p> 自動的に署名を挿入するを選択すれば、メッセージ作成時に最後の方に 自動的に署名が挿入されます。 <verb> [設定されている署名の区切り] [各アカウント設定の署名ファイル] </verb> というように挿入されます。 </sect3> <sect3>エディタ <p> </sect3> <sect3>返信時に自動的にアカウントを選択する <p> To: に書かれたアドレスからアカウントを判断し、 自動的に返信時のアカウントを決定します。 </sect3> <sect3>返信時にメッセージを引用する<label id="quote-when-reply"> <p> 返信するとき、引用するかどうか指定します。 </sect3> <sect3>返信ボタンでメーリングリストに返信する <p> ツールバーの返信ボタンを押した場合にメーリングリストに返信します。 </sect3> </sect2> <sect2>(引用)タブ <sect3>引用の書式 <p> 引用符と引用の形式を設定します。 ?x{expr}は、xが指定されていればexprを表示します。 例えば、?s{件名: %s}というように使えば、 件名が指定されているときのみ"件名: (件名)"という表示ができます。 引用符に設定した文字列が、>で、 引用の形式が <verb> On %d %f wrote: %Q </verb> だった場合 <verb> On [日付] [差出人] wrote: > 元のメッセージの文章 > 2行目 </verb> というように引用して返信時に引用されます。 記号の説明ボタンをクリックすれば、%で始まるものの説明がでてきます。 <itemize> <item>%d: 日付 <item>%f: 差出人 <item>%N: 差出人の氏名 <item>%F: 差出人の名前 <item>%I: 差出人のイニシャル <item>%s: 件名 <item>%t: 宛先 <item>%c: Cc <item>%n: ニュースグループ <item>%i: メッセージID <item>%%: パーセント記号(%そのもの) <item>%M: メッセージ本文 <item>%Q: 引用符付きメッセージ本文 <item>%q: 引用符付きメッセージ本文(署名なし) <item>\\: 文字 バックスラッシュ <item>\?: 文字 疑問符 <item>\{: 文字 開き中括弧 <item>\}: 文字 閉じ中括弧 </itemize> </sect3> <sect3>転送の書式 <p> 転送の書式も同様です。 </sect3> </sect2> <sect2>(表示)タブ <p> ここの項目は表示だけであり、メッセージ本体には影響を与えません。 <sect3>フォント<label id="font-config"> <p> メッセージを表示するフォントを設定できます。 横の"..."ボタンを押せばフォント選択ダイアログを呼び出せますが、 あまりお薦めはしません。 ちなみに、マニュアル作者は <verb> -alias-fixed-medium-r-normal--12-*-*-*-*-*-jisx0208.1983-0 </verb> に設定しています。基本的に、固定幅フォントに設定することをお薦めします。 メニューなどのフォントを設定する場合についてはFAQを参照してください。 </sect3> <sect3>ヘッダの項目を翻訳する <p> From:を宛先: Subject: を件名:にして表示したりします。 </sect3> <sect3>フォルダ名の横に未読数を表示する <p> <ref id="folderview" name="フォルダビュー">で、Folder (30)のように未読メッセージの数を表示します。 </sect3> <sect3>差出人が自分の場合は'差出人'カラムに宛先を表示する <p> <ref id="summaryview" name="サマリビュー">の差出人カラムで、宛先人が現在のアカウント設定と同じ場合、 "--> 宛先"というように表示できます。 </sect3> <sect3>水平スクロールバーを有効にする <p> <ref id="summaryview" name="サマリビュー">に水平スクロールバーを表示します。 </sect3> <sect3>スレッドを展開する <p> フォルダを開いたときに、<ref id="summaryview" name="サマリビュー">でスレッドを展開した状態で表示するかどうかを指定します。 </sect3> <sect3>未読メッセージをボールドフォントで表示する </sect3> <sect3>日付の書式 <p> 日付の書式を%y/%m/%d(%a) %H:%Mのように指定します。 詳しくはオンラインマニュアルのstrftime(3)を御覧ください。 端末エミュレータ等で、 <verb> $ man strftime </verb> のようにすれば読むことができます。 </sect3> <sect3>サマリの表示項目を設定... <p> サマリの表示項目を設定できます。 クリックして、必要なものを選択してOKボタンを押して完了です。 </sect3> </sect2> <sect2>(メッセージ)タブ <p> ここの項目は表示だけであり、メッセージ本体には影響を与えません。 <sect3>メッセージの色を有効にする <p> チェックをオンにして編集ボタンを押すとメッセージの引用の深さに応じた 表示色の設定ができます。 </sect3> <sect3>2バイト英数字を1バイト文字で表示する <p> これも好みの問題ですが、2バイト英数字を1バイト文字で表示することができます。 強制的に変更してしまうので、アスキーアート等はずれてしまう場合があります。 日本語のみに有効です。 </sect3> <sect3>メッセージビューの上部にヘッダペインを表示する <p> メッセージビューの上に主なヘッダを表示します。 現在、表示内容はカスタマイズできません。 </sect3> <sect3>メッセージビューに簡略ヘッダを表示する <p> メッセージビューに簡略ヘッダを表示します。 編集ボタンを押せば表示内容をカスタマイズできます。 "指定されていないヘッダを全て表示"が選択されている場合、 "表示しないヘッダ"に選択されたもの以外が表示され、 選択されていない場合、"表示するヘッダ"に指定されているもののみが表示されます。 </sect3> <sect3>行間を空ける <p> 設定したピクセル分行間を空けて表示することが出来ます。 </sect3> <sect3>行頭を空ける <p> 行頭を空けて表示することができます。 </sect3> <sect3>スクロール/半ページ単位 <p> スペースキー等でのスクロール量を半ページ単位にします。 </sect3> <sect3>スムーズスクロール <p> スペースキー等でのスクロールをスムーズにします。 "間隔"で何ドットずつスクロールするかを決めることができます。 間隔を大きくすれば速くなります。 </sect3> </sect2> <sect2>(個人情報)タブ <p> GPGMEを有効にしたときのみ表示されます。 </sect2> <sect2>(インタフェース)タブ <p> <!-- <sect3>Emacs上のメーラのマウス操作時の挙動をエミュレートする <p> サマリビューを右クリックではなく、中ボタンクリックだけでメッセージビューで更新できます。 </sect3> --> <sect3>フォルダに入ったときに最初の未読メッセージを開く <p> フォルダに入ったときに最初の未読メッセージを開けます。 設定されていない場合、フォルダに入った後Enterキーや中ボタン, 左ボタンクリックで表示を更新する必要がありますが、 フォルダに入ったときに先頭の未読のフラグを消してしまう心配がありません。 </sect3> <sect3>新着メールを受信した後受信箱に移動する <p> 選択されていれば、受信時にアカウントの設定で受信箱に指定したフォルダに カーソルが移動します。 </sect3> <sect3>メッセージを移動または削除したら即座に実行する <p> これがオフである場合、移動または削除のアクションをしても すぐには実行されずにそれぞれの"マーク"という形で保持され、 "実行"されたとき実際に実行されます。 </sect3> <sect3>受信ダイアログ <p> 受信ダイアログをどのときに表示するか指定します。 </sect3> <sect3>ダブルクリックしたときにアドレスを宛先に追加する <p> メッセージ作成ウィンドウからアドレス帳を呼び、 アドレスをダブルクリックしたときに、 このチェックがオンになっていればアドレスを"宛先"エントリーに追加します。 オフになっているときは通常のアドレス帳と同じく アドレス編集モードに入ります。 </sect3> <sect3>キーバインドを設定 <p> 好みのキーバインドを選んでOKを押してください。 このマニュアルは標準バインドを選択してあるものとして書かれています。 </sect3> </sect2> <sect2>(その他)タブ <p> <sect3>外部ブラウザ<label id="ext-browser-config"> <p> 外部ブラウザのコマンドを入力します。 %sはURIで置き換えられます。マニュアル表示やURIダブルクリックで使用されます。 ただし、デフォルトのnetscape -remote 'openURL(%s,raise)'では、 netscapeが最初から起動されている必要があるため、変更をお薦めします。 </sect3> <sect3>印刷 <p> 印刷に使用するコマンドを選択できます。%sがメッセージのファイルに置き換えられます。 hoge < %s | lprというようにしてフィルタを設定することも可能です。 </sect3> <sect3>外部エディタ<label id="ext-editor-config"> <p> 外部エディタを選択できます。%sは一時ファイルのファイル名に置き換えられます。 </sect3> <sect3>終了時 <p> 終了時に確認するを選択すれば、Sylpheedを終了するときに、 本当に終了していいかどうか質問してきます。 終了時にごみ箱を空にするを選択すれば、 終了時にゴミ箱を空にしてくれます。 そのときに空にする前に尋ねるがオンであれば空にするかどうか質問します。 </sect3> </sect2> </sect1> </sect> <sect>FAQ <p> <sect1>ニュースのメッセージ未読情報について <p> Q. Sylpheedでは同じMessageの未読情報を異なるフォルダ間で管理してくれないのでしょうか? <p> A. 現在のSylpheedは未読情報はフォルダ単位で管理しているため、 ニュースグループごとに未読情報は変わって来てしまいます。 </sect1> <!-- <sect1>MSNのメールアカウントの使用について <p> Q. 私はMSNを利用しているのですが、正しく設定したはずなのに受信できません。 <p> A. MSNは独自プロトコルを利用しているという話なので、Sylpheedでは対応していません。 情報提供いただければ対応できるかもしれません。 </sect1> --> <sect1>メニューなどのフォント変更について <p> Q. メッセージ本文のフォントは<ref id="font-config" name="全般の設定から変更"> できましたが、サマリやメニューなどのフォントは変更できないのでしょうか? <p> A. できます。$HOME/.sylpheed/gtkrcファイルを置いてください。 <verb> style "Sylpheed-Widget-font" { fontset = "-adobe-helvetica-medium-r-normal-*-12-*-*-*-*-*-iso8859-1,\ -alias-fixed-medium-r-normal--12-*-*-*-*-*-jisx0208.1983-0" } class "GtkWidget" style "Sylpheed-Widget-font" </verb> というようなファイルです。 </sect1> <sect1>ショートカットキーのキーバインドの変更 <p> Q. ショートカットキーのキーバインドの変更は出来ますか? <p> A. メニューに設定されている項目に関してはできます。 メニューで変更したい項目にカーソルを合わせてから、その部分で変更したいキーを押せば、 割り当てられます。Backspaceキーを押せば、消すことができます。 変更は保存されます。 </sect1> <sect1>返信マークについて <p> Q. 返信をやめたのに返信マークが残ってしまいます。消えないのでしょうか。 <p> A. 現在の仕様では消えません。一度メッセージを未読にしてから読んだことにすることで消すことはできます。 </sect1> <sect1>サマリビューの下に表示される画像について <p> Q. ヘッダが表示されている部分に小さな画像が表示されていますが、これは何でしょうか。 また、どのようにしたら挿入できるのでしょうか。 <p> A. これは、X-Faceといいます。<ref id="Account-Config" name="アカウントの設定">のユーザ定義ヘッダで、 X-Faceヘッダフィールドに登録すれば相手側に環境があれば表示されることが可能です。 <url url="http://www.dairiki.org/xface/">のサイトで既存の画像ファイルをX-Faceフォーマットに変換することができます。 </sect1> </sect> <sect>情報 <p> <sect1>Sylpheed 関連サイト <p> <sect2>Sylpheed オフィシャルWebサイト <p> Sylpheed オフィシャルWebサイトの場所は、 <url url="http://sylpheed.good-day.net/"> です。 <sect2>Sylpheed 最新版入手先 <p> <url url="http://sylpheed.good-day.net/sylpheed/">から入手できます。 <sect2>rpmの入手先 <p> <url url="http://y-imai.good-day.net/sylpheed/"> でほとんどのRedHat Package Manager(rpm)を利用したLinux Distributionに対応できると思われる rpmがあります。 それぞれのDistribution用のものが用意されている場合でこれを利用してもほとんど問題ないでしょう。 多分最新です。 <!-- 各Distribution用としては、 <url url="http://vinelinux.org/" name="Vine Linux">用にVine Plus、 <url url="http://www.kondara.org/" name="Kondara MNU/Linux">用にKondara-Zooなどが存在します。 --> </sect2> <sect2>nightly build rpm <p> <url url="http://sylpheed.good-day.net/sylpheed/">より cvs repositryから毎日0:00に取り出したものを上記rpmと同条件で 自動的にビルドしたものを入手できます。 ただし、cvs repositryから取り出したもので、 確認もしてないのでちゃんと動作するとは限りません。 </sect2> <sect2>Debian Packageの入手先 <p> woody以降にはnon-USセクションに入っています。 </sect2> <sect2>FreeBSD portsの入手先 </sect2> </sect1> <sect1>メーリングリスト<label id="Sylpheed-ML"> <p> Sylpheed メーリングリストは good-day.net で運用されることになりました。 Sylpheed に関する全般的な話題を扱うメーリングリストです。日本語 (<url url="sylpheed-jp@good-day.net">) と 英語 (<url url="sylpheed@good-day.net">) の2種類があります。 以下は <url url="sylpheed-jp@good-day.net"> を例に説明しますが、 <url url="sylpheed@good-day.net"> の場合は適宜読み替えてください (sylpheed-jp → sylpheed, sylpheed-jp-ctl → sylpheed-ctl)。 <sect2>参加方法 <p> <verb> subscribe あなたの氏名 </verb> と本文に書いたメールを<url url="sylpheed-jp-ctl@good-day.net"> 宛に送信してください。 名前は半角英数字(ローマ字)が期待されています。 また全角スペースなどのコードがあるとエラーになります。 その一度めの登録リクエストに対し次のようなフレーズ(この数字はあくまでも例です) <verb> confirm 84682771 Anne Shirley </verb> を含む『このメーリングリストに登録をしてもよいか?』という確認を求めるメールを一 度返します。 これは「勝手にメーリングリストへ登録されてしまう」等のいたずらへの予防策です。 あなたがこのメーリングリストへの参加確認のメールを受けとったなら、 <verb> confirm パスワード(数字) あなたの名前 </verb> このフレーズを含むメールをもう一度登録用のアドレス <url url="sylpheed-jp-ctl@good-day.net"> へ送信して下さい。そうするとあなたの確認が得られたとみなし、サーバはあなたを登 録します。 投稿先は <url url="sylpheed-jp@good-day.net"> です。 注意: もし、 <verb> confirm パスワード(数字) あなたの名前 </verb> のメールをなくしてしまったとか、分からなくなってきたので最初からやりなおしたい という場合は、「最初から」、つまり <verb> subscribe Anne Shirley </verb> を送ることからやり直して下さい。 <sect2>退会方法 <p> <verb> unsubscribe </verb> と本文に書いたメールを <url url="sylpheed-jp-ctl@good-day.net"> 宛に送信してください。 過去ログは<url url="http://www.tmtm.org/sylpheed/ml/">から入手できます。 </sect1> <sect1>Anonymous CVS <p> Sylpheedの開発にはCVSが利用されています。 CVSの説明に関しては、 <url url="http://kahori.com/j-cvsbook/">などのサイトや書籍を参考にしてください。 CVSから最新のSylpheedを入手するには, 環境変数CVSROOTに:pserver:anonymous@sylpheed.good-day.net:/cvsroot/sylpheedをセットします。 (cvsの-dオプションで直接指定する場合は必要ありません) <verb> csh系: setenv CVSROOT :pserver:anonymous@sylpheed.good-day.net:/cvsroot/sylpheed sh系(bashなど): export CVSROOT=':pserver:anonymous@sylpheed.good-day.net:/cvsroot/sylpheed' </verb> その後、 <verb> $ cvs login CVS password: [enter] </verb> でログインします。passwordは無しです。 適当なディレクトリに移動し、 <verb> $ cvs -z3 checkout sylpheed </verb> でカレントディレクトリ以下にsylpheedというソースツリーが作成されます。 最新のソースツリーにアップデートするには、 <verb> $ cvs -z3 update </verb> を実行してください。 </sect1> <sect>GNU Free Documentation License <sect1>GNU Free Documentation License <label id="gfdl"> <p> Version 1.1, March 2000 <p> <verb> Copyright (C) 2000 Free Software Foundation, Inc. 59 Temple Place, Suite 330, Boston, MA 02111-1307 USA Everyone is permitted to copy and distribute verbatim copies of this license document, but changing it is not allowed. </verb> <p> <bf>0. PREAMBLE</bf> <p> The purpose of this License is to make a manual, textbook, or other written document "free" in the sense of freedom: to assure everyone the effective freedom to copy and redistribute it, with or without modifying it, either commercially or noncommercially. Secondarily, this License preserves for the author and publisher a way to get credit for their work, while not being considered responsible for modifications made by others. <p> This License is a kind of "copyleft", which means that derivative works of the document must themselves be free in the same sense. It complements the GNU General Public License, which is a copyleft license designed for free software. <p> We have designed this License in order to use it for manuals for free software, because free software needs free documentation: a free program should come with manuals providing the same freedoms that the software does. But this License is not limited to software manuals; it can be used for any textual work, regardless of subject matter or whether it is published as a printed book. We recommend this License principally for works whose purpose is instruction or reference. <p> <bf>1. APPLICABILITY AND DEFINITIONS</bf> <p> This License applies to any manual or other work that contains a notice placed by the copyright holder saying it can be distributed under the terms of this License. The "Document", below, refers to any such manual or work. Any member of the public is a licensee, and is addressed as "you". <p> A "Modified Version" of the Document means any work containing the Document or a portion of it, either copied verbatim, or with modifications and/or translated into another language. <p> A "Secondary Section" is a named appendix or a front-matter section of the Document that deals exclusively with the relationship of the publishers or authors of the Document to the Document's overall subject (or to related matters) and contains nothing that could fall directly within that overall subject. (For example, if the Document is in part a textbook of mathematics, a Secondary Section may not explain any mathematics.) The relationship could be a matter of historical connection with the subject or with related matters, or of legal, commercial, philosophical, ethical or political position regarding them. <p> The "Invariant Sections" are certain Secondary Sections whose titles are designated, as being those of Invariant Sections, in the notice that says that the Document is released under this License. <p> The "Cover Texts" are certain short passages of text that are listed, as Front-Cover Texts or Back-Cover Texts, in the notice that says that the Document is released under this License. <p> A "Transparent" copy of the Document means a machine-readable copy, represented in a format whose specification is available to the general public, whose contents can be viewed and edited directly and straightforwardly with generic text editors or (for images composed of pixels) generic paint programs or (for drawings) some widely available drawing editor, and that is suitable for input to text formatters or for automatic translation to a variety of formats suitable for input to text formatters. A copy made in an otherwise Transparent file format whose markup has been designed to thwart or discourage subsequent modification by readers is not Transparent. A copy that is not "Transparent" is called "Opaque". <p> Examples of suitable formats for Transparent copies include plain ASCII without markup, Texinfo input format, LaTeX input format, SGML or XML using a publicly available DTD, and standard-conforming simple HTML designed for human modification. Opaque formats include PostScript, PDF, proprietary formats that can be read and edited only by proprietary word processors, SGML or XML for which the DTD and/or processing tools are not generally available, and the machine-generated HTML produced by some word processors for output purposes only. <p> The "Title Page" means, for a printed book, the title page itself, plus such following pages as are needed to hold, legibly, the material this License requires to appear in the title page. For works in formats which do not have any title page as such, "Title Page" means the text near the most prominent appearance of the work's title, preceding the beginning of the body of the text. <p> <bf>2. VERBATIM COPYING</bf> <p> You may copy and distribute the Document in any medium, either commercially or noncommercially, provided that this License, the copyright notices, and the license notice saying this License applies to the Document are reproduced in all copies, and that you add no other conditions whatsoever to those of this License. You may not use technical measures to obstruct or control the reading or further copying of the copies you make or distribute. However, you may accept compensation in exchange for copies. If you distribute a large enough number of copies you must also follow the conditions in section 3. <p> You may also lend copies, under the same conditions stated above, and you may publicly display copies. <p> <bf>3. COPYING IN QUANTITY</bf> <p> If you publish printed copies of the Document numbering more than 100, and the Document's license notice requires Cover Texts, you must enclose the copies in covers that carry, clearly and legibly, all these Cover Texts: Front-Cover Texts on the front cover, and Back-Cover Texts on the back cover. Both covers must also clearly and legibly identify you as the publisher of these copies. The front cover must present the full title with all words of the title equally prominent and visible. You may add other material on the covers in addition. Copying with changes limited to the covers, as long as they preserve the title of the Document and satisfy these conditions, can be treated as verbatim copying in other respects. <p> If the required texts for either cover are too voluminous to fit legibly, you should put the first ones listed (as many as fit reasonably) on the actual cover, and continue the rest onto adjacent pages. <p> If you publish or distribute Opaque copies of the Document numbering more than 100, you must either include a machine-readable Transparent copy along with each Opaque copy, or state in or with each Opaque copy a publicly-accessible computer-network location containing a complete Transparent copy of the Document, free of added material, which the general network-using public has access to download anonymously at no charge using public-standard network protocols. If you use the latter option, you must take reasonably prudent steps, when you begin distribution of Opaque copies in quantity, to ensure that this Transparent copy will remain thus accessible at the stated location until at least one year after the last time you distribute an Opaque copy (directly or through your agents or retailers) of that edition to the public. <p> It is requested, but not required, that you contact the authors of the Document well before redistributing any large number of copies, to give them a chance to provide you with an updated version of the Document. <p> <bf>4. MODIFICATIONS</bf> <p> You may copy and distribute a Modified Version of the Document under the conditions of sections 2 and 3 above, provided that you release the Modified Version under precisely this License, with the Modified Version filling the role of the Document, thus licensing distribution and modification of the Modified Version to whoever possesses a copy of it. In addition, you must do these things in the Modified Version: <p> <itemize> <item><bf>A.</bf> Use in the Title Page (and on the covers, if any) a title distinct from that of the Document, and from those of previous versions (which should, if there were any, be listed in the History section of the Document). You may use the same title as a previous version if the original publisher of that version gives permission. <item><bf>B.</bf> List on the Title Page, as authors, one or more persons or entities responsible for authorship of the modifications in the Modified Version, together with at least five of the principal authors of the Document (all of its principal authors, if it has less than five). <item><bf>C.</bf> State on the Title page the name of the publisher of the Modified Version, as the publisher. <item><bf>D.</bf> Preserve all the copyright notices of the Document. <item><bf>E.</bf> Add an appropriate copyright notice for your modifications adjacent to the other copyright notices. <item><bf>F.</bf> Include, immediately after the copyright notices, a license notice giving the public permission to use the Modified Version under the terms of this License, in the form shown in the Addendum below. <item><bf>G.</bf> Preserve in that license notice the full lists of Invariant Sections and required Cover Texts given in the Document's license notice. <item><bf>H.</bf> Include an unaltered copy of this License. <item><bf>I.</bf> Preserve the section entitled "History", and its title, and add to it an item stating at least the title, year, new authors, and publisher of the Modified Version as given on the Title Page. If there is no section entitled "History" in the Document, create one stating the title, year, authors, and publisher of the Document as given on its Title Page, then add an item describing the Modified Version as stated in the previous sentence. <item><bf>J.</bf> Preserve the network location, if any, given in the Document for public access to a Transparent copy of the Document, and likewise the network locations given in the Document for previous versions it was based on. These may be placed in the "History" section. You may omit a network location for a work that was published at least four years before the Document itself, or if the original publisher of the version it refers to gives permission. <item><bf>K.</bf> In any section entitled "Acknowledgements" or "Dedications", preserve the section's title, and preserve in the section all the substance and tone of each of the contributor acknowledgements and/or dedications given therein. <item><bf>L.</bf> Preserve all the Invariant Sections of the Document, unaltered in their text and in their titles. Section numbers or the equivalent are not considered part of the section titles. <item><bf>M.</bf> Delete any section entitled "Endorsements". Such a section may not be included in the Modified Version. <item><bf>N.</bf> Do not retitle any existing section as "Endorsements" or to conflict in title with any Invariant Section. </itemize> <p> If the Modified Version includes new front-matter sections or appendices that qualify as Secondary Sections and contain no material copied from the Document, you may at your option designate some or all of these sections as invariant. To do this, add their titles to the list of Invariant Sections in the Modified Version's license notice. These titles must be distinct from any other section titles. <p> You may add a section entitled "Endorsements", provided it contains nothing but endorsements of your Modified Version by various parties--for example, statements of peer review or that the text has been approved by an organization as the authoritative definition of a standard. <p> You may add a passage of up to five words as a Front-Cover Text, and a passage of up to 25 words as a Back-Cover Text, to the end of the list of Cover Texts in the Modified Version. Only one passage of Front-Cover Text and one of Back-Cover Text may be added by (or through arrangements made by) any one entity. If the Document already includes a cover text for the same cover, previously added by you or by arrangement made by the same entity you are acting on behalf of, you may not add another; but you may replace the old one, on explicit permission from the previous publisher that added the old one. <p> The author(s) and publisher(s) of the Document do not by this License give permission to use their names for publicity for or to assert or imply endorsement of any Modified Version. <p> <bf>5. COMBINING DOCUMENTS</bf> <p> You may combine the Document with other documents released under this License, under the terms defined in section 4 above for modified versions, provided that you include in the combination all of the Invariant Sections of all of the original documents, unmodified, and list them all as Invariant Sections of your combined work in its license notice. <p> The combined work need only contain one copy of this License, and multiple identical Invariant Sections may be replaced with a single copy. If there are multiple Invariant Sections with the same name but different contents, make the title of each such section unique by adding at the end of it, in parentheses, the name of the original author or publisher of that section if known, or else a unique number. Make the same adjustment to the section titles in the list of Invariant Sections in the license notice of the combined work. <p> In the combination, you must combine any sections entitled "History" in the various original documents, forming one section entitled "History"; likewise combine any sections entitled "Acknowledgements", and any sections entitled "Dedications". You must delete all sections entitled "Endorsements." <p> <bf>6. COLLECTIONS OF DOCUMENTS</bf> <p> You may make a collection consisting of the Document and other documents released under this License, and replace the individual copies of this License in the various documents with a single copy that is included in the collection, provided that you follow the rules of this License for verbatim copying of each of the documents in all other respects. <p> You may extract a single document from such a collection, and distribute it individually under this License, provided you insert a copy of this License into the extracted document, and follow this License in all other respects regarding verbatim copying of that document. <p> <bf>7. AGGREGATION WITH INDEPENDENT WORKS</bf> <p> A compilation of the Document or its derivatives with other separate and independent documents or works, in or on a volume of a storage or distribution medium, does not as a whole count as a Modified Version of the Document, provided no compilation copyright is claimed for the compilation. Such a compilation is called an "aggregate", and this License does not apply to the other self-contained works thus compiled with the Document, on account of their being thus compiled, if they are not themselves derivative works of the Document. <p> If the Cover Text requirement of section 3 is applicable to these copies of the Document, then if the Document is less than one quarter of the entire aggregate, the Document's Cover Texts may be placed on covers that surround only the Document within the aggregate. Otherwise they must appear on covers around the whole aggregate. <p> <bf>8. TRANSLATION</bf> <p> Translation is considered a kind of modification, so you may distribute translations of the Document under the terms of section 4. Replacing Invariant Sections with translations requires special permission from their copyright holders, but you may include translations of some or all Invariant Sections in addition to the original versions of these Invariant Sections. You may include a translation of this License provided that you also include the original English version of this License. In case of a disagreement between the translation and the original English version of this License, the original English version will prevail. <p> <bf>9. TERMINATION</bf> <p> You may not copy, modify, sublicense, or distribute the Document except as expressly provided for under this License. Any other attempt to copy, modify, sublicense or distribute the Document is void, and will automatically terminate your rights under this License. However, parties who have received copies, or rights, from you under this License will not have their licenses terminated so long as such parties remain in full compliance. <p> <bf>10. FUTURE REVISIONS OF THIS LICENSE</bf> <p> The Free Software Foundation may publish new, revised versions of the GNU Free Documentation License from time to time. Such new versions will be similar in spirit to the present version, but may differ in detail to address new problems or concerns. See http://www.gnu.org/copyleft/. <p> Each version of the License is given a distinguishing version number. If the Document specifies that a particular numbered version of this License "or any later version" applies to it, you have the option of following the terms and conditions either of that specified version or of any later version that has been published (not as a draft) by the Free Software Foundation. If the Document does not specify a version number of this License, you may choose any version ever published (not as a draft) by the Free Software Foundation. <p> </sect1> <sect1>How to use this License for your documents <p> To use this License in a document you have written, include a copy of the License in the document and put the following copyright and license notices just after the title page: <p> <verb> Copyright (c) YEAR YOUR NAME. Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.1 or any later version published by the Free Software Foundation; with the Invariant Sections being LIST THEIR TITLES, with the Front-Cover Texts being LIST, and with the Back-Cover Texts being LIST. A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License". </verb> <p> If you have no Invariant Sections, write "with no Invariant Sections" instead of saying which ones are invariant. If you have no Front-Cover Texts, write "no Front-Cover Texts" instead of "Front-Cover Texts being LIST"; likewise for Back-Cover Texts. <p> If your document contains nontrivial examples of program code, we recommend releasing these examples in parallel under your choice of free software license, such as the GNU General Public License, to permit their use in free software. <p> </sect1> </sect> <sect>おわりに <sect1>おわりに <p> このドキュメントを読んで, ここはこうしたほうがいいんじゃないか, と言ったような意見がありましたら, <htmlurl url="mailto:yoichi@silver-forest.com" name="yoichi@silver-forest.com"> へお送りいただければ幸いです。 </sect1> </sect> <sect>History <sect1>更新履歴 <p> <verb> 2000-08-06 Yoichi Imai <yoichi@silver-forest.com> * Version 0.1 * 更新履歴を追加 * ライセンスをGPL2に変更 2000-08-06 Yoichi Imai <yoichi@silver-forest.com> * Version 0.1.2 * KMailの注意書きを追加 * 句点のポリシーを変更 2000-09-13 Yoichi Imai <yoichi@silver-forest.com> * Version 0.1.3 * メッセージの作成部分を記述 * アカウント設定でCc, Bcc, Reply-Toフィールド自動指定の記述 2000-09-27 Yoichi Imai <yoichi@silver-forest.com> * Version 0.2 * Hiro's pageを変更 * imlib, facesの注意書きを追加 * sylpheed/develディレクトリの存在についての記述を削除 * cvsについての記述 * タグ->要素 * 振り分けの設定 * 全般の設定 * FAQにgtkrcの設定, ショートカットキーの変更を追加 * 機能を追加 * 動作確認環境を追加 * なし(ローカル)を追加 * 外部エディタの使い方を記述 2000-09-27 Yoichi Imai <yoichi@silver-forest.com> * Version 0.2.1 * 受信時のtypoを修正 * ctrl+n,p * $HOME 2000-11-09 Yoichi Imai <yoichi@silver-forest.com> * Version 0.2.2 * MLの案内を変更 * ChangeLogの形式を変更 2001-06-26 Yoichi Imai <yoichi@silver-forest.com> * Version 0.3.0 (for 0.5.x) * 動作環境の記述の撤廃 * 機能説明部分の最新機能への追従 * rpmでのインストールの記述の変更 * Vine LinuxおよびKondara MNU/Linuxでのインストール方法の消去 * 新しいウィンドウで開くを追加 * "即実行"を標準の記述に採用 * アカウントの設定を最新に追従 * メッセージの作成を最新に追従 * 振り分けを最新に追従 * ニュース関連を追従 * (全般の設定が追従未完了) * nightly buildに関する記述を追加 * サイトアドレスの変更 2001-07-01 Yoichi Imai <yoichi@silver-forest.com> * Version 0.3.1 * 返信方法の変更に追従 * 全般の設定を追従 * ショートカットキーの追加(不完全) 2002-04-04 Yoichi Imai <yoichi@silver-forest.com> * Version 0.4.0 * GFDLへ変更 * Sylpheed最新版へ追従 * セクションの追加と移動と削除 * リファレンスの削除 * TODO: FreeBSDへのインストール, Gtk+のインストール, テンプレート 2004-11-26 Hiroyuki Yamamoto <hiro-y@kcn.ne.jp> * Version 0.5.0 * Sylpheed最新版の仕様に追従 2004-12-01 Hiroyuki Yamamoto <hiro-y@kcn.ne.jp> * Version 0.5.1 * Sylpheed最新版の仕様に追従 * 言い回しの統一 </verb> </sect1> </sect> </article>